読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T-League第6節(BeP戦)

シンクタンクリーグ 飲み会

日時:2010年2月6日(土) 

場所:保土ヶ谷運動公園ラグビー場(横浜市)

対戦:JRI×BeP(BearingPoint)

13:45 kick off (30分ハーフ)

 

【スコア】

前半:1 - 0

後半:1 - 2

合計:2 - 2

得点:岩川(2点)

 

BePは去年のリーグ戦、今年のカップ戦で勝利している相手だが

最近、大幅にメンバーが入れ替わり、チーム力が上がっていた。

 

しかし、JRIが前半ほぼ攻撃をし続け、岩川の直接FKから先制。

 

後半にも岩川のCKが混戦の中ゴールに入り、2-0でリード。

その後の時間をしのげば勝利は目前だったがFW鈴木が負傷。

交代メンバーがおらず、満身創痍でプレー続行。

相手はどんどん体力がある選手を投入する中

JRIの中盤は徐々に体力を消耗し、守備に追われるばかり。

 

残り10分まではなんとか守ったが

立て続けにまさかの連続2失点をしてしまう。

 

負けに等しい引き分けとなってしまった。

 

---

 

今回は中盤をボックスにして臨んだが

これが機能したかどうかは疑問が残る。

まだまだチームとしての形はできていない。

フォーメーション

 

ボランチで出場の石原

前半から精力的に中盤で守備をこなした。

石原

 

FW鈴木

何度も体を張ってのポストプレーで

前線にタメを作った。

鈴木

 

MF野原

中盤で攻守にわたり動き回った。

野原

 

半年振りに参加のFW山中

攻撃で何度か決定的なチャンスを作ったが

ゴールを決めることはできなかった。

山中

 

敗戦直後

負けに等しい引き分けで悔しさが募る。

そう簡単には、勝ち続けるチームにはなれない。

敗戦直後

 

試合は悔しい結果となったが、帰りは恒例の飲み会。

いつもの保土ヶ谷サイゼリアで安い酒を飲んで、楽しく騒いだ。

試合についての反省会も兼ねており

各自からさまざまな意見が出た。

このような交流を大切にしていきたい。

サイゼリア

 

次節は2/20(土)のACM戦。

強敵ではあるが、去年は引き分けている。

最終節はなんとか勝利して、リーグ戦を終えたい。